忍者ブログ

おとなの銀行

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
双剣覚醒が発売されて環境ががらりと変わりました。

当初雑魚だのクソだのボロクソ言われていたマジェスティもなんだかんだで強いという結論に至り、今ではかげろうシャドパラの2強と予想されたところに入り込むくらいです。

対してシャドパラは当初予想されていたほどの強さはなく、案外環境上では落ち込んだ存在となっています。

それでも強さで言うと一線級で、大会等でも使用に耐えるデッキとはなっています。

ちなみに個人的に強弱をつけるなら

かげろう≧マジェスティ≧シャドパラ=オラシン=騎士王

くらいですかね。

マジェスティは確かに強いのですがその強さにムラがあることが気になります。

オラシンは1200013000を見ると弱体化したと言われますが、それでもツクヨミアマテの強さは顕在で、上手くプレイできる人が使えば申し分のない力を発揮できると思っています。

騎士王も自身の効果で簡単に最低の18000ラインに到達できるほか、ソウルセイバーの強さも相変わらずなので少し構築を変えるだけでまだまだ戦えるかと思います。

かげろうは予想通りと言ったところかジ・エンドの性能が飛びぬけて高いです。

また、デッキ全体として13000に対応しやすい点高評価です。

とりあえず現状を説明するとこんなものですかね。

一応他に気になると言えば、ダクイレの動向です。

展開力が足りない等の問題点は多々ありますが、爆発力で言うとピカイチで場合によっては地雷みたいな感覚で戦えそうな感じはあります。

欲を言えばあと引と☆が1種ずつ来てくれたらと思いますが、そう上手くはいかないでしょうね。

以上現状の説明でした。

拍手[0回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
■遊戯王
ゼンマインがリリースされました。

突破が非常に面倒なモンスターなので、これから様々なデッキでこのカードの対処が課題になっていくのかと思います。

ゼンマインを使用するデッキとしては主にゼンマイ、インゼクター、天使辺りとなります。

特にインゼクターはこのカードの登場が大きく、ダンセルセンチピードのパターンからこれに派生するだけで相手の返しへの強さに磨きがかかります。

ミラーでもこいつにブラフでもなんでもカードを1枚セットしておくだけでダンセル1枚での突破は基本できませんので、返しの相手の有効打を抑制することが可能です。


■ヴァンガード
いよいよ明日双剣覚醒発売です。

ジ・エンドをはじめとするV常時13000郡が環境に及ぼす影響は計り知れないもので、

下手をするとその系列のデッキ以外が全く勝てないんじゃないかと言われています。

そう考えるとブシロードは一体なにをやっているのか、と言いたくなってしまいますね。

ただでさえメタゲームが展開しにくいゲームなのに、環境トップを作ってしまうというのはロイパラのときと言い迷惑以外の何ものでもありません。

何にしてもとりあえずジ・エンドを4枚集めるところから始まります。

余ったジ・エンド売るよ!って人いたら是非とも声をかけてください。

初動次第ですけど、1500くらいなら買っても良いかなと思ってます。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
ヴァンガードモチベが異常に高いので記事もヴァンガードに。

ジ・エンド
 
■グレード 3
4 x ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
4 x ドラゴニック・オーバーロード
■グレード 2
4 x バーニングホーン・ドラゴン
4 x バーサーク・ドラゴン
2 x ベリコウスティドラゴン
■グレード 1
4 x ドラゴンモンク ゴジョー
3 x 魔竜導師 キンナラ
3 x ワイバーンガード バリィ
3 x 鎧の化身 バー
2 x 希望の火 エルモ
■グレード 0
1 x リザードソルジャー コンロー
4 x ドラゴンモンク ゲンジョウ
3 x レッドジェム・カーバンクル
3 x ブルーレイ・ドラコキッド
3 x 槍の化身 ター
3 x ドラゴンダンサー モニカ
 
http://cf-vanguard.jp/deck22045.html


基本形は多分こんなものでしょうね。

詳しい解説はURL参照。

補足で解説するならば

ネハーレンよりもベリコウスティを優先した理由として単純にジ・エンドの効果をいつでも使えるようにし、常に相手にジ・エンドの効果によるプレッシャーを与えたいというところにあります。

普通にプレイしていたらコストなんて、バーサークキンナラコンローでキツキツですからね。

ジ・エンドとこいつらを自然に共存させるならば欲しいかな、と思いました。

また、オバロゴクウと違い、10000ユニットを入れるメリットが減ったというのもあります。

オバロゴクウの場合は綺麗に回ってくれた場合に相手の9000以下アタッカーを腐らせることができるということで他クランの10000バニラを引っ張ってきてまでデッキに可能な限り投入していたわけなのですが、

今回はゴクウを採用しているわけではありませんので、そのパターンが少なくなり、無理に採用する必要性がありません。

以上の理由により、今回はネハーレンの採用は見送りました。

そんなところです。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
そろそろ時代遅れな構築になってきたと思うので

モンスター(19枚)
終末の騎士
甲虫装機 ホーネット×3枚
甲虫装機 ダンセル×3枚
甲虫装機 センチピード×3枚
甲虫装機 ギガマンティス×2枚
ダーク・アームド・ドラゴン
クリッター
キラー・トマト
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
エフェクト・ヴェーラー×3枚
 
魔法(10枚)
大嵐
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑
サイクロン×2枚
おろかな埋葬
 
罠(11枚)
鳳翼の爆風×2枚
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬
リビングデッドの呼び声×2枚
ダスト・シュート


構築する上で当初一番に念頭に置いたのは終末の騎士の弱さについてでした。

使っている方ならば多少なりと理解できるかと思いますが、終末の騎士は正直弱いんです。

理由を挙げるとするならば、


・あくまでも事故解消札でしかなく、一度使ってしまえば2回目以降の必要性がほぼない。
・召喚権を使ってホーネットを落とす動きは遅すぎて後攻以降のターンでは可能ならば決して起こしたくないアクションである。
・単体性能が極端に低く、実質的にアド-1。


以上のようなことが挙げられます。

しかし、それでも抜けないのはやはり甲虫装機自体の安定性のなさのせいなのです。

甲虫装機は確かにセンチピードダンセルと、共に全モンスター最高峰の性能を誇りますが、それはあくまでもホーネットありきの性能でしかないのです。

つまり言ってしまえばこのデッキはホーネットがなければ環境最弱クラスのデッキ、そうでなければ相当に強い部門のデッキになるということです。

だからこそ、ホーネットを是が非でも引くため、強謙を3枚積み、誘惑を投入し、更にはおろかな埋葬を投入。しかしそれでもまだ安定性に欠けるということで終末まで採用しているのです。

そこで弱い終末をどうするか考えることとなったのです。

結果から言えば僕の場合は終末を減らすとの結論に至ったわけなのですが、終末を減らした上でどう安定性を出すのかに焦点が当てられました。

そこで目をつけたのがキラートマトでした。

最初から巷では当たり前のように採用されていたこいつですが、当初僕はリクルーターというだけでどうも受身になってしまうイメージがあり、使用することを敬遠していたのです。

しかし、実際に使ってみると先攻セットからの動き出しが思いのほか上手く行ったり、後半でも自爆特攻からのダンセル呼び出しからの大量破壊だったりと出来、案外ナイスな奴でした。

そんなこんなで安定性に関してはなんとか合格点と言えるところにまで到達したのでした。

これをこのまま弄るとするならば個人的には

・ギガマンティスの枚数
・サイクロンの枚数
・罠の構成

この辺りが変わってくるかと思います。

それだけ。では

拍手[2回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
コナミトーナメントの略称としてコナトーを使われているのをたまに見ますが言葉の響きが悪すぎて好きになれません。

それはさておき、水曜にコナミトーナメントに参加してきました。

使用:カラクリ

1回戦 チェーンバーン ○○

2回戦 ゼンマイインゼクター@ガイウスさん ×○○
自分の貸したデッキと早々に当たる。1戦目は手札ほぼ全部魔法で唯一のモンスターだったクイックも先行ダストの前に無残にも散っていき、そのまま最後までモンスターを引かず殴られ続けました。

3回戦 Xセイバー ○○

4回戦 TG代行@トオルさん ××
2戦とも大嵐でセット3枚以上持っていかれてからのトリシュだったりなんだったりで死にました。
大嵐だからしゃーないと思う反面、翌々考えると1戦目は最初に相手がセットしたカードが警告かもしれないということを視野に入れていられればもう少し戦えたかもしれません。いずれにしても僕が雑魚だったことに変わりはありません。精進します。


ということで準優勝。

スト負けしたのが本当に久しぶりでテンション下がりまくりでした。

流石にスト負けはない。

久々に自分の弱さを思い知らされました。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
plugin_top_w.png
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カウンター
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
twitter
Twitter ブログパーツ
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[05/17 backlink service]
[08/23 まち]
[08/23 シェロ]
[07/19 まち]
[07/19 コウ]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新記事
(01/26)
(01/11)
(12/27)
(12/14)
(11/27)
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
machi@おとな銀行
性別:
男性
職業:
少しまともになったぜ
趣味:
TGG
自己紹介:
年齢:17
性質:賢者、変態、厨二病患者、怠け者
趣味:TCG、読書、アニメ鑑賞、音楽鑑賞、ゲーム全般のプレイ、創作、カラオケ

メインは遊戯王のつもりであった
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
バーコード
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者アド
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
アクセス解析
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新トラックバック
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
フリーエリア
plugin_bottom_w.png
Copyright おとなの銀行 by machi@おとな銀行 All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]